airappli.com

配布AIRアプリ

開発ツール

公式ページリンク集

開発の参考になりそうなサイト

管理人ブログ

ドラクエ6攻略Wiki
ドラクエ7(3DS版)攻略Wiki
ドラクエ9攻略Wiki
DQMJ2攻略Wiki
テリーのワンダーランド3D攻略Wiki
ポケモン攻略Wiki
アルトネリコ攻略Wiki
レイトン教授攻略Wiki
ダンボール戦機攻略Wiki
おはようチューブ
iPhoneアプリランキング
iPadアプリランキング

サイト内検索


AIR関連書籍

Adobe AIRの基本と実践
岩上 由高
日経BP社
2008-09-04
 
標準Adobe AIR完全解説
当サイト管理人ZAPA含め、4人の著者で作りました!
昨年発売されたムック本Adobe AIR完全解説をパワーアップさせた内容になっています。 アスキー・メディアワークス
2008-08-28
 
AIRプログラミング入門―1.1日本語版対応
宮田 亮
秀和システム
2008-07
 
Adobe AIRプロフェッショナルガイド
クジラ飛行机
毎日コミュニケーションズ
2008-06-25

 
はじめてのAdobe AIRプログラミング
ZAPA(当サイト管理人執筆です!)
工学社
2008-06-21

前作「Adobe AIRプログラミング入門」から内容をアップデートさせました!
 
Adobe AIRプログラミング入門
ZAPA(当サイト管理人執筆です!)
工学社
2008-01-11
 
Adobe AIRプログラミングガイド
布留川 英一
毎日コミュニケーションズ
2007-12-22
 
Adobe AIR完全解説
アスキー(一部を当サイト管理人が執筆しています!)
2007-09-26
 

Flex SDK 3.3公開

Flex SDK 3.3公開が公開されました。

インストール手順は、バージョン3.2のときと同様にAdobe - Flexリソース:Flex 3 SDK リリースノートが参考になります。

また、先月には「Flash Player 10.0.22.87」と「AIR 1.5.1」がリリースされました。

アップデートがまだであれば、こちらもインストールしておきましょう。新しいAIR1.5.1では、Linux版も同時に公開されました。今後はWindows,Mac,Linux版が全て同時に更新されることが多くなるのかもしれません。

2009年03月04日 開発ツール

アクションゲームツクールでFlex SDKを使う

3月5日発売予定の「アクションゲームツクール」。アクションゲームツクールでは、Flex SDKを使うことで、SWFファイルのFlash形式で出力することができます。



作成したゲームは、以下の3つのフォーマットで書き出すことが可能です。

・アクションゲームツクール標準プレイヤー(Windows+DirectX)
・Microsoft XNA(Xbox 360)
・Adobe Flex SDKを使ったSWF(Webブラウザ)

つまり、アクションゲームツクールでゲームを作ると、Windows向け、Xbox 360向け、Webブラウザ向けのアプリケーションをいっぺんに作成できるわけです。これはすごいことですね。

作成したSWF出力をAIRアプリに取り込めるかどうかはまだ試していないのでわかりませんが、取り込めれば昨年12月にリリースされLinuxに対応したAIR1.5で、Linux向けやMac向けにパッケージングして配布することも可能になるかもしれません(ブラウザ上で遊んでもらうなら、OSは関係ありませんが)。

3月に発売されるアクションゲームツクールが待ち遠しいですね。

アクションゲームツクール
エンターブレイン
2009-03-05

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0
サンプルゲームの配布が始まりました。
2009年02月19日 AIR情報

Adobeの今後の戦略

AIRのインストール回数が1億回を超え、Flash10も公開からわずか2カ月程度で55%のシェアを持つなど、Web業界でAdobeの強さが目立ってきています。

また、Flash Player自体は全ブラウザの98%にインストールされ、モバイル端末へのFlash Liteインストール数も2010年には10億を超える見込みとなっています。


そんなAdobeの今後の戦略は、下記記事で詳しく解説されています。

2009年02月06日 AIR情報

RIA開発者のための「Adobe Developer Box」

アドビのRIA開発者のための情報集約AIRアプリケーション「Adobe Developer Box」が公開されました。



ADBは、genephics design、アートスタッフ、クリエイトシステム、タケダデザインルームの合計4社9名により約3カ月で開発されたそうです。複数の情報を一元管理できるアプリケーションであるため、開発の際にも常に新しい情報を得ることができます。

詳しくは、下記ニュース記事等をご覧ください。

2009年02月02日 AIRアプリ紹介

iPhoneでもFlash動作可能に

下記記事によると、iPhoneでもFlash動作が可能となるようです。

Bloombergによると、ジョブズはアドビに対しFlash LiteではなくPC向けのフル機能Flashでもない「第三のFlash」を求めたとされています。

とのことから、もしかすると、ドコモに続きAIRアプリの動作が可能となるかもしれません。

2009年02月01日 AIR情報

ドコモのケータイでAIRアプリが動く!

2009年1月29日、30日に開催された「Adobe MAX Japan 2009」にて、ドコモのAIRアプリ参入が発表されました!

この発表によると、ドコモはAIRアプリへの対応を強化し、PCとケータイ間のシームレス連携などを可能とするアプリを開発しているようです。

今までAIRは、Windows、Mac、Linuxでのクロスプラットフォーム動作により開発者の注目を集めてきましたが、今後はモバイル関連の開発者からも注目を浴びそうです。

現状、iPhoneなどのApp Storeと比べると、アプリの販売環境を持っていないAdobeですが、一般の多くのケータイ電話でのアプリ販売が可能となることで、ビジネスチャンスもより広がっていくかもしれません。

今後のAIR情報にも目が離せませんね。

2009年01月31日 AIR情報

Adobe AIRが1億インストールを達成!

Adobe AIRの正式版が公開されてから、もうすぐで1年。1年経たない間に、なんとAdobe AIRのインストール成功回数が1億を突破したそうです!

さらに、開発用のSDK(オープンソースのFlex framework、Adobe Flex Builder、AIR SDKなど)が計100万回以上ダウンロードされているそうです。

ユーザーの関心だけではなく、開発者にも関心が高いのは、マルチプラットフォームで既存のWeb技術を存分に生かせるAIRという実行環境のおかげかもしれません。

2009年01月30日 AIR情報

雑誌Windows100%に掲載!

当サイト「airappli.com」で配布している「はてはてブラウザー」が、雑誌「Windows100% 2009年1月号」で紹介されました。


付録のDVD-ROMには、「はてはてブラウザー」のアプリ自体も収録されています。

もしよければ、「Windows100% 2009年1月号」をご覧ください。P.19に、はてはてブラウザーの紹介記事が掲載されています。

2008年12月16日 お知らせ

Adobe AIR 1.5リリース!

Adobe AIRの最新バージョンAIR1.5がリリースされました!

Adobe - Adobe AIR


AIR1.5では、FlashPlayer10で実装された機能の追加、WebkitのJavaScript実行速度の高速化(SquirrelFish)、SQLiteの暗号化などが盛り込まれています。

2008年11月17日 AIR情報

知っておくべき60のお役立ちAIRアプリ

Adobe AIRのお役立ちアプリケーションが、下記サイトで紹介されています。


60+ Useful Adobe AIR Applications You Should Know | Tools


海外製のアプリケーションなので、日本人にとっては少し使いにくいアプリケーションもありますが、AIRでどのようなアプリケーションが作られているかを見るだけでもいろいろ勉強になりますね。

2008年10月26日 AIRアプリ紹介