airappli.com

配布AIRアプリ

開発ツール

公式ページリンク集

開発の参考になりそうなサイト

管理人ブログ

ドラクエ6攻略Wiki
ドラクエ7(3DS版)攻略Wiki
ドラクエ9攻略Wiki
DQMJ2攻略Wiki
テリーのワンダーランド3D攻略Wiki
ポケモン攻略Wiki
アルトネリコ攻略Wiki
レイトン教授攻略Wiki
ダンボール戦機攻略Wiki
おはようチューブ
iPhoneアプリランキング
iPadアプリランキング

サイト内検索


AIR関連書籍

Adobe AIRの基本と実践
岩上 由高
日経BP社
2008-09-04
 
標準Adobe AIR完全解説
当サイト管理人ZAPA含め、4人の著者で作りました!
昨年発売されたムック本Adobe AIR完全解説をパワーアップさせた内容になっています。 アスキー・メディアワークス
2008-08-28
 
AIRプログラミング入門―1.1日本語版対応
宮田 亮
秀和システム
2008-07
 
Adobe AIRプロフェッショナルガイド
クジラ飛行机
毎日コミュニケーションズ
2008-06-25

 
はじめてのAdobe AIRプログラミング
ZAPA(当サイト管理人執筆です!)
工学社
2008-06-21

前作「Adobe AIRプログラミング入門」から内容をアップデートさせました!
 
Adobe AIRプログラミング入門
ZAPA(当サイト管理人執筆です!)
工学社
2008-01-11
 
Adobe AIRプログラミングガイド
布留川 英一
毎日コミュニケーションズ
2007-12-22
 
Adobe AIR完全解説
アスキー(一部を当サイト管理人が執筆しています!)
2007-09-26
 

Adobe CS 5 Web Premiumを10万円以上安く手に入れる方法(5/27まで)

2010年5月28日(金)に発売される、AdobeのCreative Suite 5。種々の新機能が追加されている他、64bit版Windowsにも続々と対応しています。

さてCS5シリーズの製品には、Adobe AIRアプリケーションを開発する製品として、Flash Professional CS5が存在します。それに加えて今回は、CSシリーズとは別の「Flash Builder 4 Standard」までも、CS5パッケージに含まれているものがあります。



Flash Builder 4は、元々Flex Builderという名前でした。4からはFlex BuilderからFlash Builderという名前に変更になっています。これで、Flexアプリケーションしか作れない、という誤解が減るのではないでしょうか。名前の変更だけなので、もちろん今まで通り、FlexアプリケーションもFlashアプリケーションもAdobe AIRアプリケーションも作成できます。

Flash Builder 4が含まれているのは、Adobe Creative Suite 5 Web Premium 日本語版と全部入りのMaster Collectionです。CS5からは、Web Premiumが大きく変わっています。また、これに関連してWeb Standardは廃止となっています。

Adobe Creative Suite 4 Web Standard 、CS4 Web Premium、Adobe Creative Suite 5 Web Premium 日本語版 に含まれる製品を見比べてみましょう。

製品名 CS4
Web
Standard
CS4
Web
Premium
CS5
Web
Premium
Acrobat 9 Professional - -
Photoshop Extended -
Illustrator -
Contribute
Dreamweaver
Fireworks
Flash Builder Standard - -
Flash Catalyst - -
Flash Professional
Soundbooth5 -
Bridge
Device Central

Web PremiumのCS4からCS5へのアップグレードでは、Acrobat 9 Professional、Flash Builder Standard、Flash Catalystの追加が目を引きます。

ところで、Web Standardが廃止されてしまうと、CS4からCS5へのアップグレードがどうなってしまうのか心配ですよね。

なんと今回Adobeは、Web StandardからWeb Premiumへアップグレードする方法を用意してくれました。

しかも、5月28日のCS5 Web Premium発売よりも前に、新規でCS4 Web PremiumまたはCS4 Web Standardを購入すると、無償アップグレード権が付いてきます。詳しくは、下記ページに載っています。

簡単にまとめると、5月27日までにAdobe CS4 Web Standardを購入、アップグレード申請を完了させると、新発売のCS5 Web Premium(パッケージ版)が無償で手に入るということになります(詳しくはリンク先ページの方で確認してください)。

CS4 Web StandardとCS5 Web Premiumの製品内容を見比べてみましょう。

製品名 CS4
Web
Standard
CS5
Web
Premium
Acrobat 9 Professional -
Photoshop Extended -
Illustrator -
Contribute
Dreamweaver
Fireworks
Flash Builder Standard -
Flash Catalyst -
Flash Professional
Soundbooth5 -
Bridge
Device Central

Web Standardの購入代金で、AcrobatやPhotoshopやIllustratorなどが全部付いてくるわけです。

本来、Adobe Creative Suite 5 Web Premium 日本語版アドビストア232,650円です。これに対し、Adobe Creative Suite 4 Web Standard126,000円です。さらに、どうせすぐCS4はCS5にアップグレードしてしまうため、CS4の箱などはいらないはずですので、アドビストアのダウンロード販売から購入すると割安の120,000円になります。消費税分がお得になります。つまり、本当は232,650円する製品を今なら120,000円で購入でき、112,650円も安く手に入れられることになります。

5月27日までと、すでに残り期間が少なくなってきていますので、必要な人は急いでアドビストアでCS4 Web Standardをダウンロード購入し、すぐにアップグレード申請することをオススメします。無償アップグレード申請の方法は下記ページに掲載されています。

アドビストア注文番号が購入証明となり、ユーザー登録をした後、そのままサポートポータルからアップグレード申請ができます。パッケージ版購入と異なり、バーコードを切り取ったり、レシートを用意したりする必要はありません。インターネットからとても簡単に手続きができます。

あとは、申請が受理されるのを待ち、Adobe Creative Suite 5 Web Premiumのパッケージ版が登録した住所に届くのを待つだけです。Flash Professional、Flash Builder、Photoshop Extended(単体で140,700円)、Illustrator(単体で84,000円)などが必要な人は、安く手に入る今のうちに購入しておきましょう。


なお、無償アップグレードの対象製品、内容、期間などについては必ず公式ページ「無償アップグレード: Adobe Creative Suite 5 および 各 CS5 単体製品」を確認してください。無償アップグレードに関する問い合わせ先も載っていますので、わからないことがあれば、必ず公式でご確認ください。


2010年05月21日 開発ツール ブックマークに追加する